このページのトップへ
  • 中
  • 大
会員ログイン
トップページ > 事業案内 > 宗像医師会 訪問看護ステーション

宗像医師会 訪問看護ステーション

小児から高齢者まで全ての在宅医療をサポートします。


病気や障害をお持ちの方が、その人らしく暮らせるように看護師等が生活の場へ訪問し、適切な判断に基づいた看護ケアやアドバイスを提供します。24時間365日対応し、安心して療養生活が送れるように支援します。

また、医師や関係機関と連携をはかり、様々な在宅サービスの使い方を提案します。


訪問看護ステーションのサービス内容


訪問看護ステーションでは次のようなサービスを提供しています。

  • 療養上のお世話
    身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助や支援をいたします。
  • 病状の観察
    血圧、体温、脈拍、呼吸などの測定や病気、障害の状態の観察をします。
  • ターミナルケア
    がん末期や終末期の方などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝いをします。
  • 在宅でのリハビリテーション
    予防や機能の回復、呼吸リハビリテーション、嚥下機能訓練等をいたします。
  • ご家族等への介護支援・相談
    介護方法の指導ほか、さまざまな相談に対応いたします。
  • 医師の指示による医療処置
    かかりつけ医の指示に基づく医療処置をします。
  • 医療機器の管理
    在宅酸素、人工呼吸器、輸液ポンプ等の管理をします。
  • 床ずれ予防、処置
    床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当てをします。
  • 認知症ケア
    事故防止など認知症介護の相談・工夫をアドバイスいたします。
  • 介護予防
    低栄養や運動機能低下を防ぐ栄養へのアドバイスをいたします。
  • 緊急時の対応
    電話で24時間365日緊急時の相談を受けます。必要な場合には訪問をしてかかりつけ医と連携し対応します。

訪問看護を利用するには?


医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合でもかかりつけ医の指示書が必要となります。
訪問看護サービスを希望される場合は、かかりつけ医や訪問看護へご相談ください。


介護保険で訪問看護を利用する場合

市役所の介護保険課または地域包括支援センターへ介護保険の申請をします。
介護保険の「要支援1~2」又は「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネジャーに相談し居宅サービス計画に組み入れてもらいます。


医療保険で訪問看護を利用する場合

小児から高齢者まで年齢にかかわりなく訪問看護がご利用いただけます。
訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に従い、必要なサービスを提供します。


訪問看護を利用する費用は?


利用する公的保険の種類によって基本利用料の割合が異なります。

保険の種類 基本利用料 その他の負担
介護保険 毎回、他の介護保険サービスと同様に費用の1割又は2割を負担 支給限度額を超えるサービス、保険給付対象外サービスは全額自費
健康保険・国民健康保険で訪問看護を利用する場合
  • 70歳以上の方は、原則として費用の1割
    (現役並み所得者の方は費用の3割)を負担
  • 70歳未満の方は、原則として費用の3割を負担
  • 一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは、差額を負担
  • 交通費、おむつ代、死後の処置は実費を負担

営業日・営業時間


営業日 営業時間 緊急時の対応及び営業日以外の対応
月曜日~金曜日 8:30~17:00 緊急時は、24時間365日対応
営業日外の定期訪問はご相談ください
土曜日 8:30~12:30

ステーションの職員


管理者(看護師)1名

看護師16名、理学療法士1名、事務員1名


病院から在宅療養へ移行への支援


退院前に病院にお伺いし、病院の医師や看護師、理学療法士等と話し合いを行い在宅療養が安心して開始できるように支援いたします。在宅医や薬剤師、ケアマネジャー等も同行することがあります。

また退院前にケアマネジャーや特定福祉用具貸与事業者と自宅に訪問し、ご家族への面談を行い在宅療養環境の整備や調整をおこないます。
退院日に、自宅に訪問しその日から安心した在宅療養が開始できるように介護方法や医療処置等の確認や支援をいたします。


在宅療養を支える多職種との連携


かかりつけ医やケアマネジャー、薬剤師、栄養士、歯科医師、訪問介護、介護保険事業所等と常に連携し在宅療養を支えていきます。


お問い合わせ先

TEL:0940-36-1200 FAX:0940-36-1209

宗像医師会訪問看護ステーション

〒811-3431 宗像市田熊5丁目5番1号

(介護保険事業者番号 4060690015)